'

南極クルーズ 1日目

南極クルーズ 1日目

 

 

まず観光が目的で南極に行く場合でも日本人は、日本の環境省への届け出が必要となります。
南極環境保護法に基づき訪問前に環境大臣へ「届出書」が必要となっているからです。

 

自分は、出発の数日前に郵送が必要とあったので、日本にいる両親に郵送してもらいました。
環境省が出している「南極へ行くための手続き」のページをリンクしておきます。(日本語/英語)
http://iaato.org/documents/10157/14363/Procedures_for_Travel_to_Antarctica.pdf

 

 

そして、夢にまでみた南極クルーズ初日がやってきました。

IMG_8758

 

今日のスケジュールはこんな感じで事前に送られてきました。

Please drop off your luggage (keep your carry on with you) at the luggage storage facility downtown and close to the pier at the address below:
Associacion Caza y Pesca Ushuaia 822 Maipu Avenue Luggage will be taken from here to the ship.

3:30 pm: A RUMBO SUR bus will be waiting at the parking lot meeting point.

3:50 pm: The bus departs for the ship.

4:00 pm: Embarkation of the ship begins.

 

まず、自分の大きな荷物を指定の場所まで自分で持っていく。(それを船内の自分の部屋まで運んでくれる)
ここには時間の指定がなかったので、その後のバスに乗り込むまでにすればいいかと思い、
1時頃にお世話になった旅行代理店の担当者にお礼とお別れのあいさつをしに行くと、
担当者にもう荷物持って行った?と聞かれる。
まだ持っていってない。と答えると、慌てた様子になりパソコンで確認し始める。

IMG_8761

お世話になった旅行代理店 ↑

 

IMG_8759

以前投稿したラストミニッツ情報は、こうして店頭に張り出されています。

 

荷物は12時までに持っていくようになっているから、早く持って行きなさいと言われる。

 

えっ!!!

 

そんな時間は、自分がもらった情報には何も書いてないし!

 
なんてこった!

 

慌てて指定の場所へ大きな荷物を持っていくと、まだ荷物は運ばれておらずあっさり受け取ってもらえた。

 

指定の場所はここ(ここに荷物を持っていく)

IMG_8754

 

その後、代理店に荷物は大丈夫だったことを伝えお別れをする。

12801332_1133527499999432_4327284255689600741_n

自分の船は、ここウシュアイアを出発して、ブエノスアイレスに到着するからもうここには戻ってこないので!

 

 

午後3時半
バスの待ち合わせ時間
バスに乗り込んで、船の前まで連れていってくれる

P1450363

P1450364

 

 

 

午後4時頃
バスが出発

P1450376

 

バスは船の前まで運んでくれました

P1450379

P1450380

P1450383

P1450385

P1450386

 

乗船してすぐに、乗客全員のパスポートを提出させられる
部屋に行き、少し落ち着いた頃に、軽食があるということで軽食を食べに行く。

P1450399

P1450401

P1450402

 

 

5時半頃
メインラウンジに全員が集まり、船内の説明や注意事項の説明を受ける

P1450416

P1450418

P1450423

P1450425

 

 

6時過ぎ
出港

P1450452

P1450453

P1450454

P1450405

P1450430

P1450433

P1450434

P1450480

P1450489

 

 

7時頃
突然船内に警報がなりだし、ライフジャケットを着てメインラウンジに集まるように促される(危難訓練)

P1450474

P1450477

 

8時頃
ダウンジャケットを支給される

P1450498

P1450472

 

 

8時過ぎ
ダイニングルームで夕食を食べる

P1450410

 

 

メニューはこんな感じ

P1450512

P1450513

P1450515

P1450517

 

夕食時に、何かアルコールはいらないか聞かれ、フリーか聞いたにも関わらず
ビールを頼んだら、あとでお金がいることがわかる。残念!2杯も飲んでしまった。

 

 

その後、自由時間

自分は、ジムにいって軽く汗を流した。

 

 

夜になり、船が結構揺れ始める。

P1450521

 

やっと始まった南極クルーズ。
これから約2日間、魔の海域「ドレーク海峡」をこえなければならない!!!

 

この後、人生初体験が待っている・・・

 

 

Day 1_Final

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Translate »